昔行われることが当たり前だった結納ですが、最近では堅苦しいと敬遠され、カジュアルに済ませる事も多くなり、結納を行わないカップルが多く、70%のカップルは正式な結納を行わずレストランや料亭などで顔合わせや食事会を兼ねた簡略化した形式で行われる事が殆どとなりました。

しかし、九州・福岡では結納の実施率が比較的高く結納前に男性側から女性のご家庭にお酒と鯛を持参するという習慣があり儀式を重んじる伝統が今も根強く残っているようです。
首都圏以北では、披露宴や引出物にもお金をかけないという地域性や考え方があり結納への関心が低くなっていると言わざるをえませんが福岡では親御さん世代での心のうちは伝統は伝統として捉え、きちんとけじめをつけたい思う本音もあるようです。

もちろん、価値観や考え方が多様化し、結婚をする以上、結納をするのは当然と考える人もいれば、特に強いこだわりをもたない人もいます。地域性や考え方の違いもあるでしょうが大切な事は両家の意向がキチンと一致し後々のしこりを残さない事です。

両家のご家族の間で 意見が異なってしまった場合には、一般的には男性側の親御さんを立てる形が多いようですがいずれにせよ、両家の意見調整は親よりも結婚する本人たちの間で行うものなので、結婚を前提におつきあいが進んでいるのであれば普段から要望 があれば、当人に伝えておくのも一つの手かもしれません。

中々行われる事がすくなくなった結納ですが、だからこそ正式な形を知っておくのも、いざ結婚が決まった時のために必要なことなのです。ここでは福岡での結納のあり方を見て行きます。


 -
 ドリームステージの福岡賃貸
 福岡の賃貸物件を多数掲載!
 http://www.dream-stage.net/
 -
 OCNの固定ipアドレス
 今ならギフトカードプレゼント
 http://tryvpn.net/
 -

福岡市の結納情報